見えない、抜かない、治療期間が短い、裏側矯正サイト
裏側矯正 吉祥寺デンタルクリニック

裏側矯正サイト
裏側矯正 吉祥寺デンタルクリニック

歯を抜かない(非抜歯)矯正

『患者様のご負担を徹底して削減する』ことが当院の治療方針となりますので、当院ではできる限り歯を抜かずに矯正治療をすることを心掛けています。
「歯を抜きたくないけど歯並びは綺麗にしたい」というご要望がありましたら、一度当院の無料相談にお越しください。
※全てのケースで歯を抜かずに矯正できるわけではありません。

歯を抜かない(非抜歯)矯正

なぜ歯を抜くことが負担になるのか??

※歯を抜くことにより、より良い見映え、より良い噛み合わせが実現できるケースがあります。決して「歯を抜くことが悪い」ということではありません。

1歯の本数が少なくなること
健康な歯を失うことに対する心理的な負担が大きいこと

小臼歯 小臼歯を抜歯することが多いが、安易に抜歯して良い歯ではない。
全ての症例に対応できるわけではありませんが、可能な限り歯を抜かない矯正治療を心掛けております。
高齢になると誰しも少しずつ歯を失っていく傾向にありますので、少しでも多くの歯を残せるよう治療を行っております。
また、健康な歯を抜く事に心理的な抵抗があり、矯正治療になかなか踏み出せなかったというお話をカウンセリングで伺います。
健康な歯を抜き、本数を減らしてしまうことは大きなご負担になっていると思います。

2 歯を抜いたスペースを埋めるために、治療期間が長期化する傾向にあること

抜いた歯のスペースは大きい 抜歯により空いた1本分のスペースを埋めて、全体の歯並びを調整するのには長い期間を要する。
歯を抜いて矯正治療を行う場合、歯を抜くことによって生まれる歯1本分のスペースを埋める必要があります。歯を動かすスピードには限界がありますので、物理的にどうしても治療に時間が掛かることになります。
当院では抜歯をしないことにより歯を動かす距離が短くなり、結果として治療が短期化でき、結婚や進学、就職などを控えている患者様にお喜びいただけております。

3大きな移動が必要になるために大きな装置を付ける必要があること
また、その大きな装置を奥歯まで付ける必要があること

当院の超薄型装置と一般的な裏側装置 歯を抜かないため、当院の装置は非常に薄く、設置する装置も少ない。
歯を抜く場合、必然的に奥歯にも矯正装置を付ける必要が出てきます。また、大きな力を必要とするので、暑く大きい装置を付ける必要が出てきます。
矯正の装置を舌側に付ける「裏側矯正」の場合、「奥歯に金具が付くこと」「大きい矯正装置を付けること」は、どうしてもストレスが大きくなってしまいます。
歯を抜かないことにより、超薄型の装置での治療が可能となり、さらに装置の設置も最小限の個数に抑えられるので、痛みや違和感を少なく、患者様の負担を軽減できます。

全顎裏側矯正と部分裏側矯正の違い

4後戻りのリスクが大きくなること

矯正後の後戻り症例 他の医院にて5年前に治療が終了した患者様の画像。
5年前に(他院にて)抜歯矯正を終えた方の画像です。一度は綺麗になった歯並びも今では後戻りしてしまい、抜歯した部位に隙間ができ、前歯にも重なりが見受けられます。
歯を抜くと移動距離が大きくなる分、後戻り(矯正前の状態に戻ろうとする動き)のリスクがどうしても大きくなってしまいます。
当院では歯を抜かず、1本1本の歯の移動距離を最小限に抑えるように治療しているため、結果として後戻りのリスクも低減できます。

歯を抜かないことにより、痛み・違和感を最小限に抑え、治療期間を短くできます。(当院ではできる限り歯を抜かずに矯正治療をすることを心掛けています)

【次のページ】治療方針治療期間にこだわる矯正
些細なことでもどうぞお気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル0120-834-918
(繋がらない方:0422-47-8148
平日10:30~18:45(火/祝は休診)土日10:30~17:30

無料にて矯正カウンセリングを行なっております。
まずは一度ご相談ください。

空いている日時を確認する

©裏側矯正 吉祥寺デンタルクリニック All Rights Researved